賃貸契約書の内容を確認!間違いがないか再度チェック

契約上の物件情報に誤りはない?建物構造や築年数

賃貸物件を借りる際には、契約書を交わします。そこで契約書に記載されている内容は、十分にチェックが必要です。注目したい点は、賃貸物件に関する情報です。物件を選んでいるときには、物件情報を良く調べていることでしょう。しかし念のため、契約書の中で物件の情報を確認しておいたほうがいいですね。場合によっては、募集の情報と契約上の物件情報が異なる可能性があります。建物の住所や構造、築年数などをチェックします。

お金に関する内容はどう?賃料や敷金礼金の内容

契約者は、契約の内容に縛られます。そこで賃貸契約書の内容は確認を欠かさず行います。借り主にとって大きな影響を持つのが、お金に関する契約です。月々の賃料や敷金、礼金などに該当する部分は、非常に気になる部分でしょう。これらの費用負担を誤って認識していると、後で大きな負担となりかねませんね。また賃貸物件の契約期間がどの程度かも、契約書で再度確認しておくと安心ですね。一般的には、2年での賃貸契約が多いです。

解約の内容をチェック!解約通知期間や解約条件など

賃貸契約書を交わすのは、これから賃貸物件を使用するためです。しかし契約時には、解約が必要な場合についてもきちんと把握した方がいいでしょう。賃貸契約書には、解約に関する内容が記載されています。まず知っておきたいのが、解約の通知期間です。解約したい時から遡り、定められた一定期間の余裕を持って申し出る必要があります。また賃貸契約上では、何が原因となって解約となるのか条件についても確認したほうがいいでしょう。

一戸建てと賃貸の違いは家を購入する形か部屋を借りる形かの違いになります。ですので、一戸建てよりも気軽に暮らせます。