不動産を活用した投資方法

不動産経営の様々な手法

土地を持っている場合に有効的に土地を活用しようと思えば、不動産経営が一番です。不動産経営には様々な手法があり、代表的な者がアパート経営です。その他にも、土地の立地条件によっては、駐車場経営に活用したり、太陽光発電投資を行ったりすることが考えられます。いずれの場合も賃貸料や売電収入などの収益を得ることができる一方で、施設整備のための投資費用がかかりますので、しっかりとした収支計画を立てることが重要になります。

駐車場経営のポイント

経営的なリスクが少ない手法としては、投資額が最も小さくてすむ駐車場の賃貸経営が挙げられます。しかし、駐車場経営の場合、投資額も少なくて済みますが、収益も多くありません。月極駐車場として活用できる立地であったり、コインパーキングとして需要のある場所であれば、十分な収益を期待することができますが、利用者の期待できないような場所であれば、投資額の回収には時間がかかります。収益を得ることができるかどうか需要の検討が重要です。

安定した投資利回りを得る

アパート経営や太陽光発電投資の場合には、10%を超える投資利回りを得られることが少なくありません。アパート経営の場合には、将来的に安定して入居者が見つかるかどうかというリスクがありますし、太陽光発電投資の場合には政府により買取が保証されている期間が経過したのちにどうなるかという懸念があります。ただ、すでにこれまでに多くの実績を残している投資方法ですので、安定した利回りを得られる多くのノウハウが蓄積されています。

旭川市の賃貸マンションは、部屋を借りる形となるので購入する形と違って入居手続きなども簡単に行うことができます。